タトゥー除去は進歩した【医療レーザーでの除去だから安心安全】

woman

タトゥーを消すことは可能

ボディ

タトゥーは、一度入れると自然に消えるものではないため、入れるのには覚悟が必要です。しかし、一度入れてしまっても、最近では簡単にタトゥー除去を行うことも出来るようになってきました。タトゥーを消したい、と悩んでいる方は、一度病院へ訪れてみてはいかがでしょうか。

View Detail

元の肌に戻す方法

身体

タトゥー除去には、いろいろな方法がありますが一番跡が残らずに綺麗に除去できる方法が削皮法になります。大きなタトゥー除去にも適していて、必要であればレーザー治療も合わせて行うと元の肌に近い皮膚が再現されます。

View Detail

レーザーでピンポイントに

後ろ姿

レーザーでのタトゥー除去には、傷跡が残らないというメリットがあります。ただししっかりと除去するためには、複数回照射することが必要になる場合もあります。現在では、自分でタトゥーを入れる人が増えてきています。ムラのあるタトゥーとなることも多いので、その分レーザーでのタトゥー除去の需要も高まっています。

View Detail

医療機関での刺青除去

刺青

施術内容と適用範囲

美容外科クリニックでの需要が高まりつつある施術に、タトゥー除去が挙げられます。過去に刺青を入れて後悔している方は多く、就職や結婚等に支障を来たす事もある為にタトゥー除去の施術を希望する方が増えているのです。タトゥー除去の施術法には幾つかの種類があります。最も活用頻度が高いものは、レーザーを照射するものです。これは施術跡を目立たなくする事が出来る為、人気の高い手法とされます。このタトゥー除去に用いられる医療用レーザーは、紫外線によりできた皮膚のシミも解消する事ができるもので安全性が高い事が利点です。医療レーザーによるタトゥー除去は、刺青の面積や色素等により異なる種類のレーザーを用いることが必要になるので、予め個々の刺青が対応可能であるかを確認しておく事が大切です。

刺青の除去の種類

刺青除去の方法にはレーザーを照射して体内に蓄積している色素を分解する手法が多く採用されています。しかし、刺青の面積や短時間での除去を望む場合には刺青が入っている皮膚を切除する方法が適用されるケースも見受けられます。これは自身の皮膚を移植する方法で、刺青の面積が大きくなる場合に用いられる事が特徴です。この手法は自身の身体から皮膚を切り取る為に拒絶反応等が無く安全性の高い施術です。且つ、レーザーよりも短時間で刺青を除去する事がメリットとされます。レーザーは広範囲のタトゥー除去となる場合には複数回の照射が必要になり、薄い色素には反応し難いという特徴も見られます。その為、医療用のレーザーが適していないケースもある為、皮膚移植が用いられるケースも見受けられます。