タトゥー除去は進歩した【医療レーザーでの除去だから安心安全】

woman

元の肌に戻す方法

身体

削皮法

タトゥー除去には、レーザー治療が一般的ですが、サイズが大きく一度で消しにくいものは植皮法や削皮法、切除法などの方法がとられます。レーザーは光を照射することで染料を破壊して色を薄くしていく治療法です。タトゥー除去をするというよりは、薄く目立たなくすると言った感じです。植皮法は、別の身体の部位から取った皮膚を移植する方法で切除法は、タトゥーがある部分の皮膚を切り取って縫い合わせる方法です。削皮法は皮膚に入っている染料を削って除去する方法です。タトゥー除去には、削皮法が一番綺麗に出来ると言われています。手術は簡単ではありませんが、経験豊富な医師であれば大きなタトゥー除去にも一番適している治療法です。

治療を組み合わせる

大きなタトゥー除去にも適した削皮法を行う際には、リスクを軽減する必要があります。すべてのタトゥーを削皮法で除去するのではなくある程度90%くらいは除去して、残りはレーザー治療を用いるなど治療を組み合わせる方法もあります。傷口が癒着して落ち着いてから次の治療法にうつるので、時間は少しかかりますが出来るだけ傷跡やタトゥーの残りを除去できるようにするのであれば一番確実な方法になります。皮膚の回復具合や状態に合わせて数回治療が必要になることもあります。タトゥー除去にはそれなりに時間や費用がかかるので、手術を受ける前に、タトゥーを本当に除去するべきかそのまま残しておくべきかメリットとデメリットを比較して決める必要があります。